青汁アレンジにチャレンジ

青汁と聞くとキューサイ青汁のCMの「まずい、もう一杯。」のイメージが強く、まずい、臭い、苦手と思ってしまう人が多いのではないでしょうか。最近では、沢山の種類の青汁が出ており、その種類によって意外と感じる味が違うなどして、合う合わないの差がそこでもうまれたりもします。青汁を飲む際にはいろいろなアレンジをすると飲みやすくなると聞きますが、甘さを加えるにあたり気を付けなければならないことは、砂糖を使ってはいけないということです。青汁に含まれているビタミンBには、糖分をエネルギーに変える働きがあります。そのため、せっかく摂ってもそちらに消費されてしまうからです。甘さを加えたいのならば、はちみつを加えましょう。はちみつにはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。青汁の働きとも相性がとても良い食材で、中にははちみつを加えて販売されている商品もあるほどです。ただし、乳児に与える場合は気を付けましょう。はちみつには稀にボツリヌス菌が入っていることがあります。乳児が飲むとボツリヌス症を起こすことがあるので、決して乳児にははちみつ入りを与えないようにしてください。青汁を飲む際は、一度サンプルなどを請求して試してみるといいでしょう。市販されている青汁は、原料が様々です。この原料によって、栄養素、効能などが変わってきます。それぞれの特徴を把握して、自分の健康状態に一番適した青汁に出会えるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>